サマナーズウォー 実装された破壊のルーンの使い道とその能力

スポンサードリンク

サマナーズウォーで2015年の9月末に実装されたのが「破壊のルーン」です。

まだまだ実装されたばかりということもあり、
使い道がいまいちわからないという方もいるのではないでしょうか。



このルーンは、2セット効果として与えたダメージによって
最大体力の4%破壊という効果がつきます。
破壊の合計は60%までです。

入試方法は「死のダンジョン」。
こちらでは吸血のルーン、果報のルーン、保護のルーン、
激怒のルーン、破壊のルーンが入手可能です。

この時のアップデートにより他にも変わったことがあります。
まず、パイモン火山で同ロットが可能だった暴走ルーンは
パイモン火山では入手できなくなったということ。

アップデート後からはドラゴンダンジョンでしか入手ができなくなりました。
(ダンジョンの攻略はこちらドラゴンダンジョン攻略のために知っておくべきこと)

それまで、ドラゴンダンジョンといえば8種類ものルーンが入手できたので、
目的のルーンが手に入らなくてイライラしていたという方も
多いのではないでしょうか。

ですが、サマナーズウォーのアップデートにより
それぞれのダンジョンで入手できるルーンの種類が少なくなったため、
目的のルーンも探しやすい状態になりました。

ドラゴンダンジョンでは
守護・忍耐・暴走・意志・果報・保護・反撃・吸血の8種類が入手できましたが、
アップデート後は、反撃・忍耐・意志・迅速・暴走の5種類に限定されています。

それから、巨人ダンジョンでは
元気・猛攻・刃・激怒・迅速・集中・絶望の7種類が入手可能だったものが
元気・猛攻・刃・守護・集中・絶望の6種類に変わりました。
(巨人ダンジョン攻略はこちら巨人ダンジョンを攻略するには? 無課金用)

そして新しく追加された死のダンジョンでは先にご紹介した通り
激怒・果報・保護・吸血・破壊の5種類が入手できるのです。

破壊ルーンの詳細についてですが、
ダンジョンボスには効果が発揮されないので気をつけましょう。

そのため、このルーンを活用する際には基本的にアリーナに
なるのではないでしょうか。
もちろん、つけ方によっては様々な活躍が期待できます。

さて、死のダンジョンに待ち構えているのは古代リッチキングです。
スキルは次のようになっています。

・魂の搾取
相手全体を攻撃+与えたダメージの50%分を自分の体力として回復
魂の搾取を使用する度に攻撃力が上昇

・魂の拘束
自分に一番ダメージを与えた相手の魂を奪い取り即死させる
味方として復活し、拘束された魂は体力が0になると自分の陣営に復活

・堕ちた不滅者
倒された時、50%の体力で復活
戦闘中に強化効果が受けられなくなり沈黙と再使用時間増加スキルに免疫を得る

・瘴気のベール
毎ターン、一定回数の攻撃行動を完全に無効化する
ベールを纏う+ベールが無い状態で攻撃されると最大体力がダメージの30%分減少

・屍者の時間
味方全員の攻撃速度を一定数値以下に制限+攻撃ゲージ変化関連の
効果を全て無効化

瘴気のベール・堕ちた不滅者・屍者の時間はパッシブスキルです。

サマナーズウォーで死のダンジョンを攻略するのはなかなか難しいのですが、
使い方によっては大活躍してくれる破壊のルーンを入手するためにも
死のダンジョンクリアに挑んでみましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す