サマナーズウォーのルーン基本知識 ルーンとは?つけ方やおすすめルーン、選び方に配置など

スポンサードリンク

サマナーズウォーのルーン基本知識を解説します。

そもそもルーンとは何か?
つけ方やおすすめルーンは何か?

ルーンの選び方や配置などについても解説します。

ルーンとは?

サマナーズウォーのルーンとは何かをまず説明します。

モンスターを強くするには、モンスターを単にレベルアップさせる方法と
ルーンのレベル上げの方法があります。

ルーンとは装備するようなもので、ルーンを刻印することでモンスターが強くなります。

ルーンにはランクが星1から6まであります。

星の数が多いほど増えるステータスが大きくなります。

また、ルーンには+0から+15まであり、+の値が多い程、ステータスの増加が大きくなります。

マナを使って+を増やすことができます。

ルーンによってモンスターのどの部分が強くなるかが変わってきます。

攻撃力を増やすこともできれば、防御力を増やすこともできます。

なので、モンスターのどの部分を強くしたいかを決めてからルーン刻印して強化することが大切です。

ルーンには1から6までの番号があり、各々の番号が揃って完成となります。

ルーンには以下のような種類があります。
ルーンの名前:セット数、効果
元気:2、体力+15%
猛攻:4、攻撃+30%
:2、クリ率+12%
激怒:4、クリダメ+40%
迅速:4、攻撃速度+25%
集中:2、効果的中+20%

ルーンを2枚か4枚セットすると、セット効果が働きます。

セット効果を起こすことで、ステータスをより大きくすることができます。

ルーンの付け方は?

ルーンを鍛えるとモンスターはドンドン強くなります。

ここでは、サマナーズウォーのルーンの付け方について解説します。

ルーンの付け方によって、モンスターは全く違う力を発揮するようになります。

付け方の例を幾つかあげます。

弱体化や強化を使うサポート的役割のモンスターには迅速のルーンを付けると良いです。

何故かと言うと、強化や弱体化を先に発動させることで、その効果を最初のターンから働くようになるからです。

主力のアタッカーには、猛攻のルーンを付けるのがおすすめです。

何故なら、攻撃力が上がるからです。

このようにルーンは、そのモンスターの得意分野をより活かせるような付け方があります。

また、逆に体力がないモンスターには元気、攻撃力が少ないモンスターには、猛攻を付けるなど、弱点を補う付け方があります。

個人的には、特技をより際立たせるルーンの付け方が良いと考えています。

ルーンのおすすめの組み合わせ

サマナーズウォーのルーンは全部で6つのスロットにしかセットできません。

詳しいことは次の項で紹介しますが、限られた6スロットでセット効果を狙うという理由で、ルーンの組み合わせもかなり大切になって来ます。

ここで、ルーンのおすすめの組み合わせを紹介します。

それは、元気2個と猛攻4個の組み合わせです。

これで、体力が15%、攻撃力が30%アップのセット効果が発揮されるので、一般的に多くのモンスターに通用する組み合わせだと思います。

初めての方はこちらも参考にしてみてください。
サマナーズウォー 知っておきたいルーンのおすすめ構成

ルーンの選び方を解説

サマナーズウォーのルーンは6つのスロットに装備するので、使えるルーンは6個までです。

例えば、元気のルーンは2個セットしてセット効果「体力+15%」が発揮されるため、最大6個セットすると、「体力+45%」というようになるわけです。

また、4個でセット効果が発揮されるルーンは、4個セットして残り2つのスロットが余るようになります。

そこで、セット効果4とセット効果2のルーンを4+2とセットすると合計で6スロットが埋まります。

先のおすすめの例で言えば、元気2個と猛攻4個をセットすると、6スロットが埋まるということです。

何にせよ、2個か4個でセット効果が発揮されるわけなので、もしセット効果を発揮させる場合は、組み合わせは2+2+24+2のどちらしか無いということになります。

その中で組み合わせは自由、それぞれ違うルーンを付けるもよし、全て同じルーンを付けるもよしです。

一度ルーンをセットしたら外すのにはマナが必要になるので、セットの選び方はある程度の考慮が必要です。

先に述べましたが、ルーンの付け方は大きく分けて、得意分野を伸ばす方法と苦手を克服する方法があります。

選び方の例として幾つか以下に記載します。

デバフやバフ効果のサポートスキルがあるモンスターには、迅速を付けるのが良いです。

またデバフ効果なら、集中と迅速を選ぶのがおすすめです。

攻撃力が強いモンスターには、猛攻と刃を選ぶとセット効果で攻撃30%、クリ率15%アップするのでおすすめです。

あとは、モンスターによっては、刃2つ集中、刃6つなどもおすすめの選び方です。

ルーンの配置について

ルーンの配置は、先ほどから述べてきた通り、モンスターをどのように強化したいかによって、ルーンを選択することがまず大切です。

そして、セット効果を考えて、2つと4つの組み合わせ選択して配置することが大切です。

ルーンの星数が大きいほどメインオプション効果は高くなり、奇数番号はオプションの内容が固定で、偶数番号はオプションの内容がランダムになります。

ですので、配置するにあたって、ルーンの番号を考える必要が出てきます。

また、ルーンの配置といえば、ダンジョンでの配置という意味で以下の情報も大切なので最後に記載します。

サマナーズウォーのルーンの配置が2015年9月のアップデート以降に変更されました。

以下にアップデート以降のルーン配置を記載します。
(集め方はこちらを参考に最強ルーンの厳選する方法と集め方

ガーレン森→元気
シーズ山→猛攻
カビール遺跡→刃
ラゴン雪山→守護
テライン森→集中
ハイデニー遺跡→反撃
タモール砂漠→忍耐
ボロパグス遺跡→意志
パイモン火山→迅速
アイデン森→吸血
ペルン古城→果報
ルナール山→保護
チャルカ遺跡→破壊
ドラゴンダンジョン→反撃、忍耐、意志、迅速、暴走
巨人のダンジョン→元気、猛攻、刃、守護、集中、絶望
死のダンジョン→激怒、果報、保護、吸血、破壊

スポンサードリンク

コメントを残す